calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others


twitter

TW

よくある質問

お買物ガイド

問い合わせ

| main |

今夜の食卓

201111201758002.jpg
農家の我が家の食卓。日々の食事で気を付けている事。シンプルに旬のなるべく地元の食材で…調味料は本物の昔ながらの製法で作られた物を、下の子はまだ1歳8ヶ月なので、味付けも薄めで素材の味がわかるように…などなど。

今夜の献立は…

☆厚揚げと茄子といんげん豆の肉みそ炒め
☆さつまいもと赤玉葱としめじのサラダ
☆とうもろこし
☆麦ご飯
☆わかめとえのきの味噌汁

さつまいも、いんげん豆、赤玉葱、とうもろこしは自家野菜、お米は実家の父が作る合鴨米、肉みそに入っている椎茸も実家の原木栽培の椎茸!
味噌汁のお味噌はお隣坂井市のなばたけ農場の無農薬の大豆と、越前市のマルカワ味噌さんの天然の玄米麹で仕込んだ自家製味噌!

さて、我が家の食料自給率はどれくらい…???
家の畑で採れた野菜や、顔の見える方から頂いた食材で食卓を囲めるのは、日々のささやかな幸せです。

あわら温泉 「べにや」さんにて

 昨日は地元あわら温泉を代表する老舗旅館「べにや」さんで料理研究家辰巳芳子先生が代表を務めるNPO法人「良い食を伝える会」主催のフォーラム、「食と農から今の日本を考える」に妊娠9カ月を迎えた大きなお腹でパネリストとして参加してきました。
食や農などをテーマにした勉強会やフォーラムに参加することはあっても、自分がパネリストとして壇上に上がるは初めてのことなので、正直自分に務まるか不安もあったのですが、あの辰巳先生主催の会という魅力や、ファーラムの後の懇親会でべにやさんのお食事がいただけるという特典に目がくらみ、下心満載で恐縮ながらお受けしました。
声をかけてくださったのは一緒にパネリストとして参加したお隣三国のラーバンの森、山崎一之、洋子ご夫妻。ご夫妻には結婚当初から「田舎のヒロインわくわくネットワーク」を通していつもお世話になっています。
もう一人のパネリストは坂井市で有機のお米や大豆を栽培している農家の稲沢くん。コーディネーターは元NHKの中村靖彦氏。参加者は「良い食を伝える会」の会員の関東を中心に全国からここ福井のあわらに来てくださいました。
「良い食を伝える会」の会員というだけに、食に対するこだわりや関心が高い方々の前で、何を伝えられるか迷いましたが、全国ではまだまだ知名度の低い「とみつ金時」を知っていただくこと、都会で暮らす消費者の方に「農」に携わる者の思いや「農」のある生活の豊かさ伝えよう!と意気込み壇上に上がりました。が・・・やっぱり初めての経験で伝えたいことの半分もしゃべれず、緊張で声が裏返ってしまい・・・とほほ・・・な結果でした。

が・・・フォーラムの後には旬の越前ガニをメインに地元の食材のおいしさを存分に引き出した繊細なお料理をいただき、参加者の方たちともリラックスしてお話しすることが出来、フォーラムでの不発はすっかり忘れて大満足で帰ってきました!














朝焼け

201111050613000.jpg
日の出もだんだん遅くなり、朝日の光で目が覚める時間もだんだん遅くなり…肌寒い朝はだんだん布団から出られなくなりますね(;^_^A

今朝は目が覚めると窓の外がほんのり赤く染まっていました。我が家の西の窓からは日本海が、東の窓からは白山連峰が望めます。山の向こうから徐々に登る朝日を見ると、『今日も1日頑張ろう!』と活力が湧いてくる。太陽の力ってすごいなぁ〜!

今朝の日の出は雲が多く太陽の姿は見えなかったけど、まるで夕焼けの様な空に、子供達と朝から『キレ〜!』と気持ちの良い朝を迎えられました。

我が家の保存食作り

201111081115001.jpg
立冬の今日、今までの季節外れの暖かさから急に秋らしい肌寒さを感じ、早速畑に大根をとりに行きました。立派に育った大根をみるとついつい食べきれないほど抜いてしまい…

『よし、切り干し大根しよっ!』と思いたち、1儚僂らいに切った大根をさっと蒸して茹で干し大根ならぬ蒸し干し大根?作り。

冷たい風が吹くお天気の日が3日程続くとカリッカリの切り干し大根になります。

冬は厚い雲に覆われ、雨、雪が多い北陸の冬はなかなか乾物作りには向かないのですが、11月の上旬は比較的お天気の日も多く、今がチャンスとばかり干し大根作りに励むのです。

と言うのも、自家製の切り干し大根は絶品!ポイントは厚めに切って蒸してから干す事。茹でると栄養分も抜けてしまうので、家では野菜はもっぱら蒸します。蒸すと甘みがぎゅっと増して、天日干しする事で栄養もUP!市販の物より厚めに切っているので煮たりしてもくたくたにならないのです。


家ではきんぴらにしていただきますがこりこりとした歯ごたえがたまらない一品になります!

パンのこと

201111060918001.jpg
これは何でしょう?


パン好きの人はわかるかな!
干しブドウから起こした自家製酵母です。
作り方は簡単!煮沸消毒したビンにオイルコーティングしていない干しブドウと水、糖分を入れて置いておくだけ!1日1回軽く振ってふたを開けてあげると、1週間から10日程でレーズンが浮かんできて、ふたを開けると、プシュッとビールみたいに泡がふいてきたら完成!白ワインみたいな芳醇な香りが元気な酵母の証拠。

この酵母液に全粒粉と糖分を混ぜて、イーストの代わりに入れる天然酵母種を培養していきます!

イーストのパンみたいに手軽には作れませんが、ゆっくり時間をかけて起こした酵母、作る人によっても味が違ったり膨らみ方もちがったり味わい深いパンが出来ます!

パンの話

201009300855000.jpg
我が家では休日の朝はパンを食べます。普段はご飯と味噌汁なんですが、私も子供達もパンが大好き!お休みの日のお楽しみです。


パンはだいたい自家製天然酵母パン。干しブドウで自家製酵母を起こして作ります。
天然酵母パンを作りはじめたのは8年くらい前から…色々本を読んだり、試行錯誤して自己流で焼いてます。と言っても家では週に一度しか食べないので、たくさん作っては友人にあげたり、それでも物足りず保育園のバザーに出したり、イベントで出店したりしてパン作りを楽しんでます!

子供達も大好きですが、数ヶ月に一度、パンが父ちゃん特性ホットケーキになったりもします。ホットケーキは私より夫の方が上手なのです!

no title

201110250710000.jpg
息子のお弁当



5才の誕生日を迎えたばかりの息子。毎日元気に保育園に行ってます!

息子の通う保育園では食に重きを置いていて保育園での食事はもちろん、月二回のお弁当にも色々こだわりが…


例えば、冷凍食品はもちろん、加工食品もNG、正真正銘『手作り弁当』

お弁当箱も出来るだけ天然素材の物で…。

中身は『まごはやさしい』を参考に入れましょう!

ま…豆
ご…ごま
は…わかめ(海藻)
や…野菜
さ…魚
し…しいたけ(きのこ)
い…芋



今日のメニューは

左手前からとうもろこし、卵焼き、さつまいもとひじきの煮物、ブロッコリーのおかか和え、あけびの皮の肉詰め、右手前が蓮根のきんぴら、栗赤飯


華やかなキャラ弁とは程遠い茶色〜なお弁当ですが(@_@;)
こんなお弁当、5才児が食べるの??とお思いの方もいるかも知れませんが、息子は毎月お弁当の日が楽しみ!帰ってくるといつも空のお弁当箱を『見て見て〜!ピッカピカ!』と見せてくれます!

no title

201110111129001.jpg
農家のイメージって色々あるだろうけど…

このブログでは、福井の片隅で3人の子供たちと(もうすぐ4人目出産予定)旦那さんと賑やかに暮らしている農家の日々を、農家の食卓を通して綴っていきたいと思います。


フィールドワークス | とみつ金時 | おいしい便り | 日々のこと | とみつに行く | よくある質問 | お買物ガイド | プライバシーポリシー | お問い合せ | リンク
Copyright© Field Works 2014 All Rights Reserved. TEL:0776-79-1011