calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others


twitter

TW

よくある質問

お買物ガイド

問い合わせ

我が家の「菌活」〜たくあん漬け〜

干し大根の作業もいよいよ終盤。

 

 

今シーズンは干し大根の発注がいつもより少ないので早めに切り上げると夫。

 

年々干し大根を漬けて「たくあん漬け」を作るご家庭が減ってきたことをひしひしと感じているようです。

 

かく言う私も農家育ちで、干し大根農家の嫁にもかかわらず「漬物」が苦手・・・と言う何とも申し訳ない性分で・・・。

 

とは言えたくあんを漬ける家庭が減ってしまうと生産農家としてもなんとも寂しい。

 

そして子ども達はたくあんが大好き!(おじいちゃんが漬けているのをいただいて食べる)

 

これは子ども達のためにも、「たくあん漬け」文化を伝承せねば!と言うことで

 

いつもたくあん漬け教室をされていて我が家の干し大根を大量に注文してくださっている

 

自然料理教室の講師をされている高野さんに自然な素材で漬けるたくあん漬けを習ってきました。

 

そして友達に声をかけさっそくみんなで「たくあん漬け」実践!

 

 

まずは試しと言うことで少量。食べきれる量でTRYです。

 

 

米ぬかとお塩をまんべんなく混ぜて・・・

 

(米ぬかは一緒にたくあんを作った米農家の友人「なばたけ農場」の無農薬のぬか使用)

 

 

甘みは柿の皮を干して乾燥させた物を入れました。

 

後は昆布と殺菌効果のあるタカの爪。

 

材料はこれだけ。色をきれいに出したい方はクチナシの実を入れるそうです。

 

 

干し大根を隙間なくきっちりと交互に詰めていき、間に米ぬかや乾物を入れて

 

 

最後は干し大根の葉っぱを敷き詰めて高さを整えたら出来上がり。

 

干し大根の2倍の重石をのせて冷暗所に置き、3週間後くらいから食べられるそうです。

 

な〜んだ。やってみたらあっという間。干し大根さえあればすぐに出来ます。

 

これで今年の冬は自家製のたくあんで「菌活」です!

 

最近はこうやって自宅でぬか漬けを漬けたり、お味噌を作ったりと言うのが流行で

 

あちこちでワークショップが開かれていますが、たくあんはまだ未開拓。

 

お味噌の次はたくあん漬け!

 

「MYたくあん」ブームを目指して情報発信して行こうと思います!

 

 


コメント
コメントする








   

フィールドワークス | とみつ金時 | おいしい便り | 日々のこと | とみつに行く | よくある質問 | お買物ガイド | プライバシーポリシー | お問い合せ | リンク
Copyright© Field Works 2014 All Rights Reserved. TEL:0776-79-1011