calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others


twitter

TW

よくある質問

お買物ガイド

問い合わせ

「田舎のヒロインズ」の活動

先日、3月10日に東京の日本財団で行われた

「NPO法人田舎のヒロインズ」http://inakano-heroine.jp/の

全国集会、総会に行ってきました。



「田舎のヒロインズ」???ってどんな団体かと申しますと

ざっくり言うと、女性農家の全国組織で、既存の団体ではなく

女性農家が自ら立ち上げ、社会に発信している団体なのです。



このNPO、歴史は古く、私の母が会員だったこと、このネットワークを立ち上げた

方が、今の私の暮らす、あわら市のすぐ隣町、三国町と言うご縁で、結婚当初から

公私共に農家として学ばせていただいていました。

2年前の2014に母親世代から理事を世代交代し、私も理事として関わらせてもらっています。

今回は世代交代をして始めての全国集会で、その運営側にまわるのも初めての経験で、

わからないことだらけの中、私個人はあたふたしているうちに無事?終了と言った感じでしたが

内容はとっても濃い物になりました。

今回は一般公開フォーラムと言う形で、第一部ではゲストに千葉県で「鴨川自然王国」を営む、

半農×半シンガーのyaeさんとそのお母様である加藤登紀子さんと、慶應義塾大学の

金子勝教授をお招きして、2011の東日本大震災から5年目の3.11の前日と言うこともあり

(3月10日は農山漁村女性の日)「農家と考えるこれからの食とエネルギー」をテーマに

語り合う会となりました。



現在3人の子育てをしながら、千葉で農業を営むyaeさんの生の歌声は

豊かな自然の風景や、そこで育まれる命のしなやかさを感じる、体に響き渡る

素敵な歌声でした。

そして加藤登紀子さんの歌声は、生きるという力強さを感じるもので

体の奥深く、心まで伝わる深みのある歌声で、お二人とも言葉以上の

表現力で、生きるということを伝えてくださいました。

yaeさんは歌声と共に、あの震災の日、多くの命が失われていった中でも

新たに生まれた命があり、その家族を追った映像を流してくださり

会場全体が感動に包み込まれました。

そして第二部では全員現役農家である理事メンバーが、農村の景色をプリントした

衣装を身にまとい登壇。



農家は農産物を生産するだけでなく、その土地の景色も作っている

と言うメッセージを込めて・・・。

世代交代をした理事、8人中6人が現在子育て中の母であり、子供の合計が

なんと19人!

農村の懐の広さと言うか、女性農家の力強さを身をもって表現しています(笑)

この日も理事2名は乳飲み子を背負って登壇しました。

農家として、母として、どうしても守り、受け継いで生きたいものがあるからこその

原動力です。

会場には、農家以外にもこの会の活動に興味を持ってくださっている一般の

参加者も見え、現役女性農家の生の声、しかもみんなエネルギッシュで元気なだけでなく、

自分たちの暮らす地域をより豊かにするために学んでいこう!と言う前向きなメンバー。

「農家の嫁」と言う未知でダークなイメージも払拭されたのではないでしょうか。

このNPOではこの2年間、「農村の再生可能エネルギー」をテーマに勉強会や視察を重ねhttp://voice.fw-tomitsu.com/?eid=278

農家女性が学び、自分たちの地域で学んだことを活かし、農村の持つ可能性や農家の魅力を

発信していきます。

集会の後の交流会では、理事メンバーを中心としたメンバーの丹精込めて作った農産物を

元六本木農園の比嘉シェフに料理していただきました。



熊本からは初物のアスパラガスと阿蘇の草原でのびのびと牧草を食べて育った赤牛の

赤身のお肉!岐阜のみかんに福井は我が家のさつま芋と、福井の郷土食の打ち豆。

東京練馬区のリーフ野菜や北海道のトマトジュース。

農家の集まりならではのとっても贅沢な夕食となりました。

今回の会で改めて思ったのは、農村を守っていきたいと思っているのは農家だけではないと言うこと。

料理人の方や今回協賛してくださったラディッシュボーヤや大地を守る会、パルシステムなど

流通業者の方、様々な職種の方と共に力を合わせていくことで、自分たちだけでは難しかったことも

可能になっていく道が少しずつ開けてきたんだな〜と感じました。

これからもそういった思いの方たちと活動の幅を広げていけたらな〜と思います。














 

コメント
コメントする








   

フィールドワークス | とみつ金時 | おいしい便り | 日々のこと | とみつに行く | よくある質問 | お買物ガイド | プライバシーポリシー | お問い合せ | リンク
Copyright© Field Works 2014 All Rights Reserved. TEL:0776-79-1011